HOME / 花の管理方法 / ウスユキソウ


ウスユキソウ

キク科ウスユキソウ属の多年草・花期7〜9月頃
日本各地に分布
名前の由来は、花の固まりの周囲にある花弁のような包が、"薄雪"で覆われたように美しいので、
この名前が付いたと言われる。
この種は、種類が多く有名な品種にエーデルワイスなどがある。




置き場所 年間を通して日光に当て風通しの良い場所で管理します。
夏の暑さに弱い種は、雨を避け風通しの良い場所で保護する。
水やり 土の表面が乾いたら、たっぷり水を与えます。
ただし、過湿に弱いため乾燥ぎみで管理すると良いでしょう。
肥料肥料は植付け後と花後、秋には緩効性の固形肥料を与えます。
植え替え 適期は9〜10月ですが、春咲きの種類は5〜6月に行なう事ができます。
土は、とにかく水はけのよい土をつかいましょう。
株や根の成長が速いので2年に1回は、植え替えましょう。
ポイント 増やすには、春か秋に植え替えの時に株分けをして増やす。
花が咲き終わったら花柄は、摘み取りましょう。




 
965-0847 新潟県新潟市古津891-1(県立植物園となり)
TEL 0250-24-8787 FAX 0250-24-4187
■営業時間 3月〜10月 AM9:30-PM6:00 | 11月〜2月 AM9:30-PM5:00
copyright 2006 Niitsu Flower Land,all rights reserved