HOME / 花の管理方法 /トサミズキ


トサミズキ

マンサク科トサミズキ属の落葉低木
花言葉/清楚
トサミズキという名前は、土佐(高知県)に自生していることからついたようです。淡く黄色い可憐な花は、私たちに春の訪れを感じさせてくれます。レンギョウ、サンシュユ、マンサクなど早春の花は黄色いお花が多いです。




置き場所戸外の日当たりの良い場所に、堆肥や腐葉土、化成肥料を混ぜて植え付けます。
水やり 乾きすぎると葉が傷みます。
土の表面が乾いたらタップリと与えます。
庭植えは、よほど乾燥しない限り必要ありませんが、わらなどで株元を覆い、マルチングすると効果的です。
肥料1月〜2月(寒肥)と、花後に有機質の肥料か、緩効性化成肥料を施します。
剪定 あまり剪定の必要はありません。
花芽は貧弱な枝にはできないので、枝が込み合っている部分は弱い枝を間引いて風通しをよくします。
春に延びて夏までに伸び止った、やや短い枝に花芽がつきます。徒長枝には花芽がつきませんが、そこから出た枝に花芽が付きます。
樹形を乱さない限り大切にします。
トサミズキは株立ちになる性質で、毎年株元から徒長枝が発生します。
それと入れ替わるように古い枝が枯死していきます。
庭木は放っておいてもよいのですが、鉢植えは徒長枝が伸び出してきたら早めに切り戻します。
適期は落葉期です。




 
965-0847 新潟県新潟市古津891-1(県立植物園となり)
TEL 0250-24-8787 FAX 0250-24-4187
■営業時間 3月〜10月 AM9:30-PM6:00 | 11月〜2月 AM9:30-PM5:00
copyright 2006 Niitsu Flower Land,all rights reserved